このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

TOP

 >
 > システム開発部 山崎和哉
        

システム開発部 山崎和哉

質の追求。

経歴

私は中途採用として入社しました。
以前よりこの業界に従事しており、主にC++のオープン系、パッケージ開発に携わってきました。

他県で仕事をしていたのですが、思うところがあり福岡にIターンした変り種です。
求職活動中にアットアイパスに応募し、面接と社員の方に触れ合う機会を頂いたのですが、 「人を大切にする社風」と「自分自身が向上できる会社」であるとの実感を得られたことから、入社を強く希望しました。

現在、電子帳票システムのパッケージ開発に参加し、二年目を迎えていますが、 新たな言語の習得や若手と共に働く機会に恵まれ、技術力だけでなく総合的なスキルを培っていけていると感じます。

初心を大事にしてます。

2年後のヴィジョン

自身の技術力を底上げした上で、チームを率いていける人間になることを目標としています。

パッケージ製品に携わっていることから、長期的に品質を保証できるよう、 技術的な面とコミュニケーションの両面から追求していきたいと思っています。
お客様との間は勿論、メンバー間での正確な情報共有があってこそ、正確な製造に繋げられますので、 特にコミュニケーションの重要性は日々痛感しています。

お客様の信頼を得て、より大きな仕事を任されるようになりたいですね。

ヴォイス

某SIer企業様が手掛ける電子帳票システムのパッケージ開発に携わっています。
現在は、メジャーバージョンアップに伴い、開発言語をC++からC#に切り替えて、スクラッチから書き直すという貴重な体験をしています。

システム開発部 山崎和哉

パッケージということで、長期に渡る保守、拡張に耐え得る設計、製造を心掛けながら作業を行っているところです。
業務アプリケーションの場合、開発者が入れ替わり立ち代りになることも珍しくなく、時間と共にソースコードが混乱し、 品質が劣化していくこともありますので、そういったリスクを回避する上でも、言語仕様の知識だけでなく、 設計思想的な部分も含めて、強化、共有できるように意識しながら仕事をしています。
システムの開発要員として自分達に求められているものは何か、を常に考えながら、付加価値を見出していきたいですね。